給料重視ならシステムエンジニア!?

稼ぎたいならシステムエンジニア!

多様なシステムエンジニアの役割を知ろう

様々な種類があり役割が異なる

様々な種類があり役割が異なる

システムエンジニアの役割とは

システムエンジニアは、IT業界だけでなくその他あらゆる業界で活躍できる職種なので、同じシステムエンジニアでも任される役割や給料はそれぞれ。社内SEかSIerかでも仕事内容はかなりの違いがあります。社内SEは、自社システムを開発してそのシステムだけを運用していくのが主な仕事ですが、働いている業界や企業によっては「ITに詳しい人」としてその他の業務が回ってくるなんていうこともあります。企業によってシステムのあり方、運用の仕方は違うので、自社にしか通用しないことが多いかもしれませんが、自社システムのプロフェッショナルとして会社に大きく貢献できるというやりがいもありますよ。
一方のSIerとは、いろいろな企業のシステム開発を企画から保守管理まで請負う企業のこと。細かく分類すると、家電や端末などを製造する「メーカー系」、銀行や鉄道会社などの情報システム部が独立してできた「ユーザー系」、メーカー系やユーザー系意外に該当する「独立系」があります。

担当業務によっては呼び名が違うこともある

これといった定義がないだけに、システムエンジニアの担当領域は広げようと思えばどこまでも広がります。場合によってはシステムエンジニアではなく「ITコンサルタント」とか「プロジェクトマネージャー」と名乗ることもあります。担当業務を強調する場合は、「サーバーエンジニア」とか「ネットワークエンジニア」など、肩書きだけで業務範囲がはっきりわかるものもあります。肩書きの前に「Web系」「汎用系」「制御系」「組み込み系」が付くと、どんなジャンルのシステム開発を手がけているのかがイメージしやすくなります。

情報処理技術者

専門職としてのレベルを証明するなら資格が一番わかりやすいですよね。システムエンジニアならやっぱり「情報処理技術者」の試験はチャレンジしておきたいところ。経済産業省が認定している国家試験なので説得力は抜群です。

この試験では、情報技術の原理や基礎知識、技能を幅広く評価してくれるので、この試験を目標に勉強するだけでも実力アップできますよ。
情報処理技術者試験について

CISCO

ネットワーク系のシステムエンジニアにおすすめなのが「シスコ認定資格」です。試験のレベルは、「エントリー」「アソシエイト」「プロフェッショナル」「エキスパート」「アーキテクト」の5段階に分かれているので効率的にステップアップできます。シスコ製品はネットワーク系の現場でよく使うので、シスコの認定資格があると話が早いかもしれませんね。

受験申し込みは随時なので、自分のタイミングで受験できるのも、なにかと忙しい人にはうれしいポイントです。
Ciscoについて

New

  • 多様な案件を抱える「ジョブリーフリーランス」

    ジョブリーフリーランスは、豊富な案件を持つITエンジニア専門のエージェントです。自社開発をしている企業が運営するエージェントということもあり、システムエンジニアの目線に立ったサポートを可能にしています。エンド直もしくは元請案件を多数保有しており、高単価での契約も期待できますよ。1人の担当者が最初からしっかりとサポートしてくれるので、案件探しだけでなくフリーランスとしての今後も含めてさまざまな相談ができます。 詳細を読む

  • 驚異の給与水準「レバテックフリーランス」

    フリーランスになりたくても、給与水準をいい位置でキープできるかどうかが不安で踏み切れないという人も多いものです。そんな人は、まずレバテックフリーランスに相談をしてみてはいかがでしょうか。数々のフリーランスの活動をサポートしてきたプロのエージェントなので、今の自分がどのぐらいの単価で働けるのか、どんな案件が受注できるのかをすぐに診断してくれるでしょう。案件参画後のサポートもあるので安心して働くことができますよ。 詳細を読む

  • 派遣をやるくらいならフリーランス!?

    システムエンジニアとして一時的に働きたいのであれば、派遣という方法が最も手軽かもしれませんが、長期的に考えるとあまりおすすめできない働き方です。もし正社員以外の働き方でシステムエンジニアを続けたいのであれば、独立してフリーランスになったほうが自分にとってプラスになるでしょう。フリーランスは営業や経理などがあり、そこに抵抗を感じる人がいるかもしれませんね。そのような人は、専門エージェントを活用すれば思う存分活躍できますよ。 詳細を読む

当サイトの人気記事はコチラ!!

  • 気になる給料はいくらなの!?

    システムエンジニアは稼げそうなイメージの強い職業ですが、新入社員の段階では一般的な給与相場を少し上回る程度で、大幅な違いは見られないようです。年功序列をなくす企業も増えてきてはいますが、ある程度年齢と年収は比例してくるというのがシステムエンジニアの現状です。世間では年収800万円を超えれば立派な高給取りといえますが、システムエンジニアはどのぐらい稼げる職業なのでしょうか。年代別の比較も交えてご紹介していきます。 詳細を読む

  • 様々な種類があり役割が異なる

    同じシステムエンジニアでも、社内SEなのかSIerなのかで業務内容は大きく違ったものになります。また、SIerの中でもメーカー系、ユーザー系、独立系などに分類されます。さらに、環境によっては「ITコンサルタント」や「プロジェクトマネージャー」「ネットワークエンジニア」など、呼び名そのものが変化している場合もあります。システムエンジニアの業務に対する定義がはっきりしていないこともあり、環境によって求められることが異なるのです。 詳細を読む

  • 架け橋となって活躍する仕事

    システムエンジニアの仕事は、クライアントと開発チームの架け橋になることです。話の聞き方と伝え方で成果物の品質が大きく変わってしまうので、責任重大な立場ともいえるでしょう。クライアントが満足できるシステムを開発するためには、クライアントの意向を正確に把握することから始めなければなりません。また、聞き取った意向を正確に現場に伝える力も必要ですね。そのような意味でも、ITに関する知識以上の知識とスキルを求められる仕事です。 詳細を読む

Topics